遺産や財産分与で...

負の遺産である借金 - 遺産や財産分与で...

遺産や財産分与で... > 負の遺産である借金

負の遺産である借金

遺産と聞くとお金や土地、不動産など相続人にとってプラスになるものを想像する人が多いと思いますが、実はマイナスの遺産も存在します。
財産分与について話し合うときには必ずその部分のことも決めておかなければなりません。

まずマイナスの遺産とはどんなものかと言うと、ひと言で言えば借金です。
これは住宅ローンや自動車ローンなどのために銀行からお金を借りている場合もそうですし、消費者金融から借りている借金も当てはまりますので被相続人がなくなった後きちんと調べておく必要があるでしょう。
不動産を相続したはいいけど借金がたくさん残っていれば、それを返していかなければなりませんし、それでは相続してもメリットがありません。

そもそもマイナスの遺産は財産分与の対象にはならないもので、一般的に相続人同士でどうするのか話し合って決めることがほとんどです。
たとえば住宅ローンや自動車ローンの場合、家や自動車を手放すことになるので残された配偶者、あるいは子供が相続して支払いを続けるケースが多いと思います。
ただしその際には債権者がその旨を了承していなければなりませんので、被相続人が亡くなったことを伝えて名義変更をする必要があります。

最後にマイナスの遺産を相続したくない場合には相続放棄をすることが可能で、これによってマイナスの遺産を一切相続しなくてもいい状態になります。
そのかわりプラスの遺産も相続する権利がなくなりますので、プラスの遺産とマイナスの遺産の両方が残されているならどちらが自分にメリットがあるのか確認しておきましょう。

top