遺産や財産分与で...

遺産とローン - 遺産や財産分与で...

遺産や財産分与で... > 遺産とローン

遺産とローン

遺産を相続する際に被相続人にローンが残っていた場合、相続するのであればそのまま引き継ぐ形になります。
ただし財産分与の際にローンの対象となるものを誰が引き継ぐのかでトラブルに発展するケースもありますので、相続人はどういう形で対応することになるのか知っておかなければなりません。

まずローンはマイナスの遺産になりますので遺産分割協議によって決めるのではなく、相続したものの金額に応じて分配されるのが一般的です。
ただしあらかじめどうするのか相続人同士で決めることは自由にできますし、配偶者にローン返済能力がない場合子供がすべて引き継ぐこともできます。
その際には債権者の許可が必要になりますから、ローンの返済を引き継ぐことを伝えて手続きをしてください。

また最近では住宅ローンの契約をするときに団体信用生命保険や生命保険つきのローンに申し込むことが多くなっており、これを利用している場合には遺産を相続してもローンの返済をする必要はありません。
そして万が一ローンの返済をすることが難しいと判断した場合に相続放棄をすることができ、この場合ローンの対象になっているものは手放さなければなりません。

以上が遺産とローンの関係になりますので、被相続人が生きているうちにできるだけ今後の方向性を決めておくことをおすすめします。
もし分からないことがあれば弁護士や税理士に相談するといいですし、最近ではインターネットを利用して無料で相談できるサイトもありますので積極的に使ってみましょう。
遺産問題を早めに解決することで、被相続人が亡くなった後もスムーズに元の生活へ戻ることができるはずです。

top