遺産や財産分与で...

兄弟が相続できる遺産 - 遺産や財産分与で...

遺産や財産分与で... > 兄弟が相続できる遺産

兄弟が相続できる遺産

残された遺産を財産分与するときに必ず誰に相続権があるのか明らかにすると思いますが、親族が多いと誰に相続権があるのかいまいち曖昧になってしまいます。
遺産問題はトラブルの原因になりやすいですし、それまで良好に築いてきた関係もそれがきっかけで破綻してしまうことも少なくありません。
特に亡くなった人に兄弟がいる場合、親族間で揉めることが多いと聞きますから、ここでは兄弟の財産分与についてお話していきたいと思います。

まずはじめに遺産相続にはもらえる順番があらかじめ法律で定められており、その順番がもっとも早いのが配偶者です。
次にもらえる権利を与えられるのが子供で、配偶者と子供は基本的に必ず遺産を相続できる権利を持つことになります。
そして配偶者、子供に続いて序列が高いのは父母にあたる人たちで、これは配偶者はいるが子供はいない場合のみ権利を得られます。

兄弟に財産分与の権利が与えられる順番はその次になり、亡くなった人に配偶者がいなくても子供・親のいずれかがいる場合は財産分与の権利が与えられないと考えていいでしょう。
また、亡くなった人の両親はいないが祖父母はいる場合、祖父母が両親にあたる序列に入ってきますので、この場合も財産分与の権利はありません。
つまり兄弟が財産分与の権利を得るための序列はかなり低く、配偶者のみがいる場合か配偶者・子供・親のいずれもいない場合に限ります。

財産分与の割合も配偶者がいる場合は4分の1を分け合う形になりますので、現実的に考えて親族が多いとあまり多くの遺産を相続できることはないでしょう。

top