遺産や財産分与で...

遺産の財産分与 - 遺産や財産分与で...

遺産や財産分与で... > 遺産や財産分与で

遺産の財産分与

親族の一人が亡くなった際にはしばらく慌ただしい時間が続き、落ち着きを取り戻すまでは残された家族も気が休まらないと思います。
中でも遺産の財産分与に関する問題が浮上すると家族間で揉めることも少なくありませんから、少しでも早く通常の生活に戻れるようにあらかじめ問題を解決しておいたほうがいいでしょう。
それではここから遺産と財産分与それぞれどういうものなのか説明していますので、是非目を通してみてください。

はじめに遺産についてですがこれはまず亡くなった人が残した財産があげられ、お金や土地、自動車はもちろん株や金など財産価値があるものはすべて該当します。
どれが財産にあたるのか分からない場合は弁護士に問い合わせてみるといいでしょう。
そして遺産は必ずしも財産だけではなく、借金も含まれてしまいますので場合によっては自分がもらって損をする可能性もあることを覚えておかなければなりません。

次に財産分与についてですが、こちらは文字通り財産にあたるものを家族で分け合うことを指した言葉ですが、もらえる割合は自分が亡くなった人とどのような関係にあるかによって変わります。
まず亡くなった人と一番近しいと言える存在は配偶者ですが、配偶者がもらえる割合は子供がいるか、亡くなった人の親兄弟が残っているかで異なります。
子供がいる場合は配偶者は2分の1をもらうことができ残りは子供で分ける、子供はいないけど親が生きている場合は3分の2を配偶者がもらい、残りを親で分け合う、そして兄弟のみ生きている場合は4分3を配偶者がもらえて残りを兄弟で分ける形になります。

亡くなった人が大切なほどに精神的なストレスを抱えてしまいますが、冷静な判断ができないとこの後に財産分与は修羅場になります。まずは、遺言書を探し、家族構成を知り、財産分与すべき金銭の総額を確認して見てください。負債額(借金)が多い場合は早期に相続放棄しないといけません。

遺言が見つかり、知らない人の名前が書いてあった場合は、その人を見つけないことには財産分与が行えなくなります。隠し子や愛人である場合、更に分与額が減るだけではなく知りたくなかったことを知り、精神的ストレスが増す可能性もあります。もし、探し人を見つけることができないときは、探偵事務所を仙台で探すことを行ってください。人捜しは人も沢山必要ですし、時間もつかいますので財産分与を速やかに行いたいのでしたら、やはり誰かの手が必要です。

家族の中に勝手な行動を行う人も少なくありません。高齢社会の現代では、認知症の方が多いために、生前に勝手にお金を下ろしてしまうケースが増えています。どのようなことでもお金が絡むと人が変わり信用していたのに裏切られることもあります。あんまり動かない人物が動くということは決まってお金が絡んでいます。兄弟で普段自宅から動かない人が、最近やたら行動的になった、またはお金を使うこと行動を取っているのでしたら疑うべきことです。

top