遺産や財産分与で...

財産分与の割合 - 遺産や財産分与で...

遺産や財産分与で... > 財産分与の割合

財産分与の割合

遺産を財産分与するときには亡くなった人と相続人がどのような関係にあるのかによってもらえる割合が変わってきます。
これはお金や土地、不動産などの財産にあたるものから、負の遺産となる借金にも該当しますので、財産分与をするときには必ず覚えておかなければなりません。

まず遺産からもっとも多く財産分与される割合が高いのは配偶者で、これは子供がいるかどうか、また亡くなった人の親や兄弟が残っているかで変わります。
亡くなった人に子供も親兄弟もいない場合は基本的にすべて配偶者が相続することになりますが、子供がいる場合は子供と半分ずつ分け合うことになります。
ただし子供が複数人いる場合は配偶者が2分の1もらえるのに対して、残りの2分の1を分け合う形になりますので、子供の数が多いと子供が受け取れる遺産は少なくなります。

次に子供はいないけど親は生きている場合、配偶者は3分の2を相続できて親は残りの3分の1を相続する形になります。
こちらも子供がいる場合と同様に父母どちらも生きている場合は3分の1の遺産を分け合うことになります。
最後に亡くなった人の兄弟のみ生きている場合は配偶者が4分の3、兄弟は残りの4分の1を分け合うことになります。

ただしここまでで紹介した財産分与の形式はあくまでも法律に則って定められている基準なので、必ずしもこの通りにする必要はありません。
親族間で話し合い納得できる形になるのであれば、財産分与の割合は自由に変えることができますのでそれについても覚えておきましょう。
以上が遺産の財産分与に関する割合の話になります。

top